☆ NEW 今日の株式投資注目ランキング NEW ☆
スポンサーサイト
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ロスカットをした方が良いですか の質問 設定は
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、ロスカットが出来ないと、大きな損失を出す事が多くあります。

ほとんどの投資家は、最初はロスカットが出来ないようです。
そして、株価の反発を期待します。

しかし、期待はずれが多いです。更に損失が膨らみます。
そして、最後に意を決してロスカットするのです。

そのあたりが、丁度株価の底値なんてこともあります。

それには、しっかりとした売買ルールが必要です。


ロスカットの設定に悩むかたも多いでしょう。
逆指値注文を仕掛ける事に、抵抗があり、出来ない方もいるでしょう。

それぞれの投資方法にもよりますが、短期の場合には、前日の底値付近に
株価がくれば、成行きで売りを仕掛けておく方法もあります。

しかし、そこが丁度株価の底値だったこともあるでしょう。
それは、丁度そこが、株価の安値だっただけであり、将来的には正解だった事がわかるでしょう。

取引を重ねていくうちに、実感してくるはずです。

posted by: 注意事項 | ロスカットに関して | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
株価の上昇で喜んでいませんか
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式市場は、一旦落ち着いたように感じられます。
しかし、この先はどうなるのでしょうか。


ここ最近の市場では、一旦株価が上昇してくるのですが、
今度は売り優勢の状態になって、株価は下落してきていました。

その日の、引けには買値より上昇していた株価が、
次の日には、寄り付きから下落することも多いです。


上昇トレンドでは、絶好の買いタイミングでも、
今の市場の下降トレンドでは、絶好の売りタイミングになることもあります。

トレンドの軸をどう判断するのか、
株式投資では、そこも大きな鍵にもなるのではないかと思いますがどうでしょうか。



posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
外国人投資家の売買動向
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式市場では、投資家が世界の株を購入しています。
日本の株式市場でも、外国人投資家が参戦しています。

しかし、現在では、売り傾向が強い様子です。
このところ、外国人投資家は、売り越しのようです。

外国人投資家の割合が多い、日本の株式市場では、影響が大きいでしょう。
しかし、このような状態のときでも、利益を出す方法はあります。

一時的な反発を利用して、わずかな利益を出す、逆張りの方法があります。
また、信用取引を利用して、売りから行うことです。

どちらにしても、仕掛ける前に、どこまでくれば、ロスカットするかを、
決めてから、購入することも必要ではないかと思います。

そうすることで、予想が反して、万が一の株価の下落でも、慌てることなく、手仕舞うことができるのではないかと思いますが、どうでしょうか。




posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
資金管理が出来ているのは一部の投資家
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、資金管理が大切だと言われています。

資金管理ができない投資家は、長期にわたり利益をあげる事が難しいとさえ言われています。
資金管理とは何か。

投資資金の管理で、一回の取引での資金をいくらにするか。

一つの銘柄の投資資金をいくらにするか。

いくらまでなら、損失金額が耐えれるか。

投資資金の全体の何パーセントを取引するのか。

などがあると思います。

投資資金の管理とは、何を意味するのか。

それは、株式投資は絶対ではないと言うことです。

負ける取引が必ずあるということです。

その中で、いかに負けを少なくするかが大きなポイントだからです。


一回の取引で、今まで積み上げた利益も、一気に持っていかれるのです。


posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年日本の株式市場の予想と今後
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式市場はどうなるのでしょうか。

2008年1月から波乱の日本の株式市場です。また、米国市場も波乱です。

そのために、今後の予想は、下落するのではないかと予想されています。

今の市場は下降トレンドでしょう。

短期は、下降トレンド。

中期も、下降トレンド。

長期も、どちらかと言うと下降トレンドかもしれません。


株式市場の予想を立てることも必用かもしれません。

しかし、ロスカットできない投資家が、予想を立てると、思わぬ落とし穴があることがあります。

「自分の予想は正しい。他のアナリストも自分と同じ市場の予想をしている。だから、もう少し待てば、予想通りになるだろう。」


そうしている間に、株価はどんどん下落していくのです。

2008年の株式市場の予想も良いでしょうが、

まずは、売買ルールを守れる精神を作ることも必用でしょう。

JUGEMテーマ:株・投資





posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
4689ヤフーの株価はどう判断するのか
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資ではニュースが出たら売りの場合もあります。銘柄の株価がストップ高まで上昇しない場合には注意が必要な場合もあります。地合が悪い時には売られる可能性もあります。

株式投資の銘柄選択では、何を信じて投資するのかが問題になってきます。チャートなのか、ファンダメンタルズなのか。そして、ニュースなのか。

今日は、4689ヤフーの株価は、寄付きから高値ではじまり、その後も株価は上昇しいきましたが、後は売りに押されてしまいました。提携の話がでており、それに反応はしたものの、今日の市場では売りに押されてしまいました。

だから、高値で買ってしまった投資家も多いのではないでしょうか。もちろん、明日以降の市場で、4689ヤフーの株価が上昇することができれば、問題はありません。

このような市場の時にこそ、自分の売買ルールがあることで、ニュースに惑わされることなく、投資ができると思います。買うタイミングと売るタイミング、そして、予想に反した時の、ロスカットのタイミングが、情報に惑わされる事なく実行できると思います。



JUGEMテーマ:株・投資


posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
売りの市場と買いの市場
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資の市場では、売りに押される時があります。あまりに高く寄り付きすぎた時には、売りに押される市場の時もあります。しかし、中には、ストップ高まで一直線の銘柄もあります。

スイングトレードで、すでに保有していれば、後は、それぞれの投資方法で、利益確定するのか、もっと大きな利益を狙っていくのかどうするのかというところでしょうか。

大きな利益を狙っていく場合には、反対に利益が少なくなる事もあります。それを判断しなくてはなりません。

それぞれの投資方法があるので、自分の売買ルールに乗っ取った投資をしていかないと、利益を出す事は難しいとされています。

実際にそうだと思います。

大きな利益を出せる時に出す、投資方法や、少ない利益を積み重ねる投資方法があります。なにをどう判断したのか、きちんとした理由が必要です。

何となくそのように感じたのでそうしたのでは、運任せになる可能性があるのではないでしょうか。
投資にはそれなりの理由がなくてはならないと思います。なぜ、その銘柄をそのタイミングで買ったのかと言う理由が必要だと思います。そして、なぜ、そこで売ったのかもそうです。
JUGEMテーマ:株・投資


posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
売買ルールとはいったい基準は
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
売買ルールは株式投資において絶対に必要な事です。ルールがないと行き当たりばったりになります。そうなると、運だけでの投資スタイルとなります。運では悲しい現実になることがあります。

売買ルールの基本は長期に渡り勝てる方法でないと意味がありません。過去においての市場で検証できたものが良いのではないかと思います。そうなると、多少のロスカットが続いても、売買ルールに基づき、実行できるでしょう。不安になり、突然ルールを変更することがなくなるでしょう。

なぜなら、このまま売買ルールを基本に取引を続けていけば、トータルでは利益が出ている状態になることを知っているからです。そんなると、パニックになることは少ないでしょう。

株価の下落時にはいつでも、冷静な判断ができるようになります。ロスカットの設定も余裕で仕掛けることができるでしょう。

そして、なにより、精神的に余裕が生まれます。おもしろいくらいに余裕ができるのです。今度はそれが逆につまらなくなる事もあるのです。

サインがでたら買い、予想に反したら売り。上昇したらうろたえることなく、売買ルール通りに売りを仕掛けることが、淡々とできるのです。そこには、パニックという感情は一切ありません。多少はあるかもしれませんが、以前ほどのショックはありません。

その後は落ち着いたトレードができるのです。例えショックでも、売買ルールは実行できる体になっているのです。
posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
銘柄別上昇率のリスクと確率
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資では、値上がり率のよい銘柄の方が、利益を出しやすいことがあります。短期に上昇してくれるから、その差額を利益にすることができます。短い時間で、利益を出す事ができるのです。
短期で上昇率の良い銘柄ばかりを投資していれば、資金が短期に増えることになります。しかし現実にはそう簡単にはいきません。

上昇率の良い銘柄は、逆に下降率も高いことがあります。値動きが激しいのです。だから、投資のタイミングを間違えると、高値で買う事もあります。

でも、高値で購入してしまっても、そこからの対応が大切のような気がします。高値から更に株価は上昇することがあります。しかし、反対に下降することもあります。株価は売りに押されるのです。

でも、その時にロスカットできるか、出来ないかが問題となることもあります。値上がり率の良い銘柄は、すぐに下落することがありますので、すかさずロスカットすることで、大きな損失を出す事を防げる事ができます。

大やけど負う前に、手仕舞いすることが必要です。その手仕舞いした後に株価は反発してそこから、大きな上昇をすることもあります。売り圧力がなくなり、スムーズに上昇していくのです。

これには、精神的なショックは大きいでしょう。その時に冷静にいることができるかどうかも、大切な事です。そして、エントリーのタイミングが間違っていなかったのか、留守カットの設定が間違っていなかったのか、売買ルールに間違いはなかったのか、おさらいする事も大切かもしれません。

posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
市場が終われば必ず場を振り返る反省する
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式市場では、いろんな問題が起きます。特に個人のやり方でしょう。市場の株価の動きには逆らえない事がほとんどです。だから、市場が終われば、必ず取引を振り返り反省をする事も大切な事かもしれません。

一番大きなミスをする時は、自分の予想が的中して、そして、的中率が高い時の後です。買う銘柄のほとんどが予想通りに上昇してくれて、利益確定もスムーズにできた時です。
このときには、ロスカットラインは設定してあっても、そのまで、株価は下落してくる事が少ないです。もしくは、近いところで、上手く反発してくれた時です。その後に大きく株価が上昇するのです。

そして、あらかじめ決めておいた利益確定売りの約定をした時です。もしくは、更に利益をのばし、ストップロス方式で利益確定売りをした時です。

自分予想が見事にあたり、取引も完璧に近いとうぬぼれている時の後の取引にミスをしやすいのです。

理由の一つは、株価の上昇のイメージしか予想できなくなることがあります。そして、株価が下落してきた時に、対応できなくなることもあります。少し調子に乗ると、ロスカットが出来なくなることもあります。その時だけ、ロスカットが出来なくなるのです。

そして、見る見る、株価は下落していき、ようやくロスカットする事になります。精算してみると、大きな損失を出してしまったようなことです。

だから、トレードが上手くいっているときにも、必ず市場を振り返り、反省をする事がとても大切だと思うのです。
posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |