☆ NEW 今日の株式投資注目ランキング NEW ☆
スポンサーサイト
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
監視銘柄を選ぶ
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資では、上昇する銘柄に投資しなくてはなりません。売りから始める場合には逆ですが。買いから入る投資の場合の話をします。
株式投資で勝つためには株価が上昇する時のタイミングをみて買いを入れていきます。
監視している銘柄が上昇するサインを見つけたら、買いを入れるわけですが、これが難しいかもしれません。

上昇確率の高い株価の推移を銘柄を投資したほがよいのは株式投資では当たり前ですが、必ず株価は上昇するわけではありません。
塩漬け銘柄のある多くの投資家は、上昇するサインだと思い買いを入れ、そして、株価の下落で「一時的な下落だと」と言い聞かせます。運がよければ株価は上昇。
しかし、株価の下落もあるのです。なぜそこで株価が下落したのか。「一時的な株価の下落」ではなく、「現実に株価は予想に反して下落したのです」どう思おうかが今後の投資成績に係わってきます。

監視銘柄は選択する基準にも違いがあります。投資家の投資スタイルによって変わってくるのです。有料企業、業績の伸び率が高い企業。今株価上昇真っ盛りの企業。中期スタイル、短期スタイル、長期スタイル。
監視銘柄をどこまで持てばよいのか。あまりにも多すぎる銘柄は、監視が出来なくなります。無駄な情報は投資成績を悪くする場合があります。
posted by: 注意事項 | 監視銘柄に関して | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |