☆ NEW 今日の株式投資注目ランキング NEW ☆
スポンサーサイト
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
目標株価の信頼と予想
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式では目標株価があります。証券会社が発表する銘柄別の適正株価のようなものです。
もし、目標株価より低い株価なら買いと言うことになります。信用して買う投資家もいると思います。そして、目標株価になれば売ればよいと考えます。レーディングも一つの指標で発表されます。

そして、まだ、値が安いので、買いました。そして、多少の下落でも売ることなく持ちつづけます。目標株価にはまだ到達していないので、保有します。しかし、株価は下落していきます。
このようなことは良くあります。株価は割安でも、買いが入らなければ株価は上昇しません。割高でも買いが入れば株価は上昇します。市場に活気がないと下落します。このことを考えると、目標株価はある程度は参考にしても、信用して投資することは問題があるのかもしれません。

目標株価を信頼すると、ロスカットの設定ができません。絶対に出来ないと思います。だから、参考にするのです。参考程度にするのです。そうすると、株価が予想に反して下落すれば、手仕舞いができます。売ることができます。

その方が良いのではないかと思います。投資方法はそれぞれにあります。でも、基本的にロスカットは大切なことです。株式投資に絶対はありません。利益を出している投資家はルールを変更しません。多少の調整はする場合もありますが、ルールを大きく変更する事はありません。

投資方法はいろいろあります。情報もいろいろあります。銘柄を信用して投資するのか、自分で見つけ出すのか、タイミングを情報を信じて投資するのか、自分でつかむのか、それによっては運用成績が大きく変るでしょう。そして、運だけの投資とは違うでしょう。
posted by: 注意事項 | 注目銘柄に関して | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
これから値上がりする銘柄の判断
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株は安く買い、高く売ることが基本です。そのためにこれから値上がりする銘柄が分かれば利益をあげることができるのです。誰でも知っている事です。

でもどこで判断するのだろうか。これから株価は上昇する判断は何で決めるのだろうか。もちろん「これから株価は何円くらいまで上昇します」などと言う情報はあるのかどうかわかりません。存在するかもしれません。個人投資家でも手に入る情報なのでしょうか。

株式投資の株価情報はアナリストでも外れます。確実なことはないと思います。そして、証券会社の評価価格でも外れます。信用して持ちつづけた銘柄が半値以下になることもあります。市場の様子で売られてしまうのです。

仮に株価は元の値段に戻るまでには半年とか一年、それ以上かかる場合もあるでしょう。そうなると、資金が凍り付いてしまい、他の銘柄に投資することができなくなります。これでは株式投資で利益はあげることは難しいでしょう。

株式投資では自分で銘柄を選択することが一番のような気がします。必ず旬の銘柄があるはずです。そして、サインがでたら投資することです。
でも、どのように銘柄を選び、どのよな投資のタイミングで買いをいれて、そして、売るのかが、一番重要なことです。

その時にだましも存在するでしょう。予想外の株価の下落での対応の仕方も重要です。これらの事を自分のルールで実行しなくてはなりません。

そのためにこれから上昇する銘柄情報を集めることよりは、株式投資で利益を出す情報を集めた方が有利ではないかと思います。

株価が上昇しそうな銘柄を見つけ、タイミングを見て買い、そして、ルールの通りに売る。ある程度の株価の変動の余裕を見て、予想に反して株価が下落したら売る。

自分のできる投資方法を見つけてみることが、まずは一番先にする事かもしれません。
posted by: 注意事項 | 注目銘柄に関して | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
新興市場が資金の流れが
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式市場はこの所の傾向は、上昇しています。しかし、それは結果論であり、この先どこに資金が回っていくのかが問題となると思います。新興市場がトコトン売り込まれて、そしてようやく回復してきています。

どこまで上昇していくかは予想でしかわかりません。確実な事はわかりません。予想としてはまだ新興市場には資金が入ってくると思います。でも、資金が流れて出て行った場合の事も考えないと大きく損失を出すこともあります。

株価は下落するには早いです。パニック売りが出て、更に下落です。恐ろしい投資成績だけが待っています。

投資のスタイルによっては今が利益確定売りの場合もあるでしょう。また、買いの場合もあるでしょう。それぞれの投資方法によって違いやタイミングはあります。投資のタイミングを理解した上で株式投資を実践した方が、より確実に資金の流れに乗る事ができると思います。

新興市場はこれからまだ、上昇するかもしれません。しかし、資金の流れがいつ変るかはわかりません。その時のサインをどう読み取るか。投資方法を確実に自分の物にする事が必要かもしれません。
posted by: 注意事項 | 注目銘柄に関して | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
短期に資金を倍にする方法銘柄増やす
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資で短期に資金を倍にする事は可能だろうか。答えは可能です。しかし、確率が低くなります。利益を倍にすることで、利益の増える確率は下がります。逆に一割利益を出そうと思えば確率は高くなります。

資金を倍に増やそうと思っていても、そのうちに株価は下落する事の方が高確率です。
投資方法には、短期で少ない利益を増やしつづける投資方法もあります。

中長期で増やす方法もあります。

一番どの投資方法があっているのだろうか。確実に資金を増やす方法はどれがよいのだろうか。
そのなかで、短期投資は株価の上昇する確率は高いかもしれません。そして、株価の下落にはすぐに退散できる方法を取る事が出来やすいです。

そして、株価の大幅な下落に対応する事ができるのが、一番リスクが少ない投資方法がデイトレードなのです。

翌日の寄り付きからの大幅な下落で売りとなる事がなくなります。その日の内に売買を終わらせる事ができるので、一晩寝たら、株価は大暴落なんてことはありません。

投資方法は人それぞれです。自分の得意とする投資方法を見る付けることが大切です。
posted by: 注意事項 | 注目銘柄に関して | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
注目銘柄
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式市場の全体の株価は軟調な展開です。株式市場では、なんとなく嫌なムードがあります。
しかし、投資家はこの時期にどう動くかが問題となるかもしれません。ただ、個別の銘柄では、株価は上昇している銘柄も多くあります。
あくまでも、日経平均株価225であり、TOPIXであり、日経ジャスダック平均株価でもあります。みな平均株価です。確かに平均株価が下落していることは、株価全体が下げていることです。
株式投資は株価の流れに乗ると言います。流れの乗り方が難しいのですが。
最近の注目銘柄 私個人の注目銘柄です。

9113乾汽船
2690ソフマップ
4686ジャストシステム
2419アジア・メディア・カンパニ
9115明治海運
4751サイバーエージェント
2491バリューコマース
7709クボテック

株式投資は、流れが大切です。いつ流れにのるかを間違えると損失をだします。上昇トレンドでも損失をだします。
すばやく株価の流れから降りないと上昇トレンドから下降トレンドに切り替わります。
すばやく流れから降りすぎると、そこから株価は上昇することがあります。
投資家は投資のタイミングをどう判断するかにかかっています。

posted by: 注意事項 | 注目銘柄に関して | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本の株式市場が悪くても
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
日経平均株価225がジャスダック市場が株式市場はどの市場も軟調な展開が続いています。今週は調整ムードでしょうか。しかし、このような株式市場でも利益を出せるのです。
日経平均株価225がジャスダック市場が株式市場全体が下落していても、上昇する銘柄がでてきます。株式市場が下落でも、上昇する銘柄には、資金が集まり更に株価は上昇する場合もあります。
反対に、日経平均株価225がジャスダック市場が上昇していても、下落する銘柄も多いです。だから、銘柄選択が重要になる場合もあるのです。
日経平均株価225がジャスダック市場は銘柄が入れ替わります。あまりにも業績が悪い企業は入れ替わる場合があります。安定した企業でないと入れ替わる場合もあるかもしれません。
だた、やはり日経平均株価225がジャスダック市場を無視して投資するのではなく、頭には入れておいたほうが、役に立つ場合もあります。
特に個人投資家はどんな情報を仕入れて、どんな情報を無視して、あるいは、他のなにかを信じて投資するかが問題となる場合もあります。
個人投資家が株式投資で利益を出し続けるには、何を信じて投資するかが問題だと思います。
posted by: 注意事項 | 注目銘柄に関して | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) |