☆ NEW 今日の株式投資注目ランキング NEW ☆
スポンサーサイト
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
トレンドを読の読み方と失敗
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
 株式投資では、トレンドが大切になってきます。
現在は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかをつかまなければなりません。

エントリーには、上昇トレンドなら、ロスカットを意識して、設定することが大切です。
もし、このラインを割り込んだら、損失を覚悟でエントリーを考えなくてはなりません。

トレンドの流れは、いつまでも続くとは限りません。
例え利益がでていても、必ず手仕舞いのことを考えなくてはなりません。

そうしないと、あっという間に、買値に戻り、そこから損失になってしまいます。

もしかしたら、そこから反発をして、さらに大きく株価は上昇するかもしれません。
しかし、それを考えていたら、利益どころか、損失になってしまいます。

大きな損を出してしまう人は、これらのことが出来ません。
本当に難しいことなのです。

また、トレンドは、急に下降トレンドに変わることがあります。
その時には、損は覚悟でエントリーすることもあります。

それは、後にならないと、トレンドの転換の時が分からないからです。

上手に損をして、利益を伸ばす事ができれば、投資では結果的には良い成績を残せる確率が高まります。

すべてを勝つことは難しいです。
上手に損することが大切だと思います。
posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 22:50 | - | - |
投資で前日の底値を意識する
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、株価を判断してエントリーしたりすることが多いと思います。
前日の終値や高値、そして、底値を意識したりすると思います。

その中で、株価の高値や底値は重要な要素を含んでいるでしょう。

売りが入るポイントや、買いが入るポイントがあります
市場全体の株価が落ち込んでいる時に、その銘柄がどのような位置にいるのかも考えることがあります。

そして、他の銘柄は前日の株価を割り込んでいるのに、その銘柄だけ底値を割り込まないでいると、少々買いが強い傾向があるような気がします。

でも、絶対ではありません。

次の日には、逆の展開になることもあるからです。

だから、必ずロスカットを重要にするのです。
どんな投資のプロでも、必ずロスカットをしています。

損失を覚悟して、株式投資をする事が大切です。
その中で、利益を最大限に出すのです。

ロスカットのタイミングの基準の一つに、前日の底値を見る方法もあるのです。
posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 22:52 | - | - |
トレンドを意識した投資タイミング
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、トレードの期間も戦略の一つです。
その中で、大切なことが、トレンドです。

現在のトレンドは、上昇なのか、下降なのかです。

そして、トレンドを意識した上で、今は買いなのか、売りなのか。
そして、いつ手仕舞うのかを決めておくことも大切になってきます。

そして、最悪の場合を想定して、逆指値注文を仕掛けておく事も大切です。
逆指値注文は、トレンドから外れた時に、手仕舞えるようにすることも一つの戦略かもしれません。

まずは、どうなったら売りか、買いか。

自分の売買ルールが必要です。
自分に適した売買ルールを身に付けることができないと、
投資では損失が膨らむだけです。
posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
株価の上昇で喜んでいませんか
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式市場は、一旦落ち着いたように感じられます。
しかし、この先はどうなるのでしょうか。


ここ最近の市場では、一旦株価が上昇してくるのですが、
今度は売り優勢の状態になって、株価は下落してきていました。

その日の、引けには買値より上昇していた株価が、
次の日には、寄り付きから下落することも多いです。


上昇トレンドでは、絶好の買いタイミングでも、
今の市場の下降トレンドでは、絶好の売りタイミングになることもあります。

トレンドの軸をどう判断するのか、
株式投資では、そこも大きな鍵にもなるのではないかと思いますがどうでしょうか。



posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
銘柄別上昇率のリスクと確率
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資では、値上がり率のよい銘柄の方が、利益を出しやすいことがあります。短期に上昇してくれるから、その差額を利益にすることができます。短い時間で、利益を出す事ができるのです。
短期で上昇率の良い銘柄ばかりを投資していれば、資金が短期に増えることになります。しかし現実にはそう簡単にはいきません。

上昇率の良い銘柄は、逆に下降率も高いことがあります。値動きが激しいのです。だから、投資のタイミングを間違えると、高値で買う事もあります。

でも、高値で購入してしまっても、そこからの対応が大切のような気がします。高値から更に株価は上昇することがあります。しかし、反対に下降することもあります。株価は売りに押されるのです。

でも、その時にロスカットできるか、出来ないかが問題となることもあります。値上がり率の良い銘柄は、すぐに下落することがありますので、すかさずロスカットすることで、大きな損失を出す事を防げる事ができます。

大やけど負う前に、手仕舞いすることが必要です。その手仕舞いした後に株価は反発してそこから、大きな上昇をすることもあります。売り圧力がなくなり、スムーズに上昇していくのです。

これには、精神的なショックは大きいでしょう。その時に冷静にいることができるかどうかも、大切な事です。そして、エントリーのタイミングが間違っていなかったのか、留守カットの設定が間違っていなかったのか、売買ルールに間違いはなかったのか、おさらいする事も大切かもしれません。

posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ためらいなく売る事ができますか
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
売る事は難しい事です。株式投資では売る事が出来ないといけません。しかし、売るタイミングがとても大事です。そして、難しいのです。利益が出ている時も、損失を抱えているときも、どちらも難しいのです。

利益が出ている時には、欲がでます。更に利益を追求しようとしているうちに株価は反発するどころか、なぜか下落してしまいます。押し目買いではなかったのです。予想が外れるのです。

投資では当たり前にあることです。でも、ためらいなくルールに従って投資をしている人たちはごく少数らしいです。ためらいが邪魔をして、せっかくの利益を損失に変えてしまうのです。

でも、多くの投資家がこのような事態になるのです。ルール通りに事項している人は少ないのです。だから、株式投資で利益を出す方法を取得しても、無駄になる可能性があるのです。

株価が目の前で反発するのを見ると、かなりの確率でルールを変更してしまうのです。だれでもあります。でも、投資では確率です。そして、損失を少なくするとこが出来ないと絶対に大きな損失を出します。必ず出します。

それだけ売買ルールをためらいもなく実行することが大切なのです。感情のコントロールです。精神を鍛えないと難しい事です。

だから、株式投資で利益を出す方法を習得しても無駄になるのです。感情のコントロールは痛い目を見ないと身に付きません。訓練しないと取得できません。その為には実践で鍛えるしかないのです。
だから、授業料がかかります。中には数千万円を授業料につぎ込んだ投資家もいると聞きます。
posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
株価と出来高の関係
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資では出来高と株価の関係が無視できない事です。出来高が増えて株価が上昇する事もあります。出来高が増えても株価はもみあいとなる場合もあります。もみあいを突破すると株価は上昇するのか、下落するのか、情況によって変ってきます。

しかし、確実な方法ではありません。確率的には株価は上昇するかもしれないのです。確率的には株価は下落するかもしれないのです。
出来高と株価の関係は必ずしも確実ではないのです。

株式投資では基準となる物がないと、行き当たりの投資方法でいずれは資金を失います。どのような条件のタイミングで株を買い、どの条件で株を売るのか。ルールが必要です。ルールが決まっていないと、株価の下落にはパニックになります。
また、株価の上昇にもパニックになります。

どちらにしてもパニックになります。そして、どこで買いどこで売るのか、最初から決めていないので、対応ができません。運任せです。
これでは、株式投資では勝つことができません。

posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
市場を見守る勇気が必要
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式市場が荒れています。しばらくはポジションを軽くしておきたい市場です。安いと思っているとまだ、底値は見えてこない株式市場です。
投資家が意識するラインを割り込むと見事に株価は下落しいる市場です。

買いで攻める場合には、投資のタイミングがありません。多くの銘柄が売りです。
まだ、まだ、株価の底値が見えてきません。デイトレードならまだ良いのですが、持ち越しの場合には、次の日の株価の変動で難しい展開の日が続きます。

そのために、午前中は買いで、午後は売りの市場の場合もありました。

投資家がどう判断するのかは、それぞれの考えです。しかし、無理に投資をしようとすると、難しい市場となっています。
だから、市場の取引は休む事も大切だと言います。

しかし、市場を監視することは大切です。
株価の上昇のサインがでたら、飛び乗る事も大切です。そして、だましの場合には、即座に降りる事にするのです。

でも、多くの投資家が降りる事が出来ないのが現実です。
参加しても降りる事が大切です。ロスカットです。ロスカットできないと、そのうちに大きな損失を抱える事は間違いありません。
posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
仕掛ける銘柄の選び方 方法
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
値上がりする銘柄が選べれば株式投資では利益をあげれるかもしれません。しかし、損失を出す事もあります。まだ、株価は上昇すると思い、ホールド。そして、株価は下落してきます。しかし、少しづつの株価の下落ですので、近いうちに株価は反発するだろうと想像して待っています。すると、株価は売られて下落。そして買値より値下がりします。
そうこうしているうちに株価はもっと下落してしまい、今度は株価の底値だろうと思い、まだ下落。最後は塩漬け銘柄となるのです。

株式投資では、これから上昇する銘柄が分かったところで、売買ルールがないと、損失になるのです。これは、投資家なら経験しいて、知っている事だと思います。
株式投資では、銘柄選びも大切ですが、まずは、ルールを作ることです。売買ルールを。
それも、投資で勝てる方法でのルールでないと、株価の反発の手前で売ってしまう確率が高くなります。

これは株価の値動きを理解しなくてはいけないことだと思います。ある程度の余裕がないと、株価の値動きの癖で、まだ、売ってはいけないところで、売ってしまうこともあるのです。その確率が高くなります。
売買ルールを持っている投資家なら、これから上昇する銘柄選びに時間をかけて分析してもよいかもしれません。
posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
仕掛ける銘柄の選び方 方法
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
値上がりする銘柄が選べれば株式投資では利益をあげれるかもしれません。しかし、損失を出す事もあります。まだ、株価は上昇すると思い、ホールド。そして、株価は下落してきます。しかし、少しづつの株価の下落ですので、近いうちに株価は反発するだろうと想像して待っています。すると、株価は売られて下落。そして買値より値下がりします。
そうこうしているうちに株価はもっと下落してしまい、今度は株価の底値だろうと思い、まだ下落。最後は塩漬け銘柄となるのです。

株式投資では、これから上昇する銘柄が分かったところで、売買ルールがないと、損失になるのです。これは、投資家なら経験しいて、知っている事だと思います。
株式投資では、銘柄選びも大切ですが、まずは、ルールを作ることです。売買ルールを。
それも、投資で勝てる方法でのルールでないと、株価の反発の手前で売ってしまう確率が高くなります。

これは株価の値動きを理解しなくてはいけないことだと思います。ある程度の余裕がないと、株価の値動きの癖で、まだ、売ってはいけないところで、売ってしまうこともあるのです。その確率が高くなります。
売買ルールを持っている投資家なら、これから上昇する銘柄選びに時間をかけて分析してもよいかもしれません。
posted by: 注意事項 | タイミングに関して | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |