☆ NEW 今日の株式投資注目ランキング NEW ☆
スポンサーサイト
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
株価の予想がきになる投資家の先
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、株価の予想は欠かせないように思います。
しかし、予想はあてにしてはいけません。

株価は思わぬ方向に動く事がよくあります。
特に危険な事が、銘柄を保有している時に、考えなくてはなりません。

なぜなら、株価が下落しているときに、あらかじめ決めておいたロスカットラインを割り込んでも、手仕舞いすることが出来なくなりやすいからです。

このときに、ロスカットラインあらかじめ決めておくことが出来ない投資家は、その時点で、自分の投資スタイルを考えたほうが良いと思います。

そして、ロスカットラインは、その日の市場に応じて変化することもあります。
それは、それぞれの投資スタイルにもよりますが、

前日の米国市場の影響で、寄付きに大幅な株価の下落で、その後に上昇してくるケースがあります。
その時に、ロスカットをどう仕込むかで、投資の成績が変わってきます。

だから、市場の様子に応じて、投資をするのです。

株価は上昇すると予想して、エントリーしますが、
その後も必ず上がると予想して、株価の下落を見逃して、大きな損失を出す事もあります。
説明がばらばらになりましたが、

重要な事は、予想に反した時のロスカットをしっかりとしないと、大きな痛手を負うことになるという事です。

しかし、この意味が分かる投資家は少ないでしょう。
何を言っているか、分かる投資家は、損失を最小限で、利益を最大限にしながら、トータルでは、利益を出すことが出来ているでしょう。


posted by: 注意事項 | ロスカットに関して | 16:49 | comments(29) | - |
ロスカットをした方が良いですか の質問 設定は
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、ロスカットが出来ないと、大きな損失を出す事が多くあります。

ほとんどの投資家は、最初はロスカットが出来ないようです。
そして、株価の反発を期待します。

しかし、期待はずれが多いです。更に損失が膨らみます。
そして、最後に意を決してロスカットするのです。

そのあたりが、丁度株価の底値なんてこともあります。

それには、しっかりとした売買ルールが必要です。


ロスカットの設定に悩むかたも多いでしょう。
逆指値注文を仕掛ける事に、抵抗があり、出来ない方もいるでしょう。

それぞれの投資方法にもよりますが、短期の場合には、前日の底値付近に
株価がくれば、成行きで売りを仕掛けておく方法もあります。

しかし、そこが丁度株価の底値だったこともあるでしょう。
それは、丁度そこが、株価の安値だっただけであり、将来的には正解だった事がわかるでしょう。

取引を重ねていくうちに、実感してくるはずです。

posted by: 注意事項 | ロスカットに関して | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
投資資金が半分以下になってしまった
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資を始めると、そのうちに資金が減ってきます。気が付くと投資資金が半分以下になることは普通にあります。初心者の個人投資家のほとんどがこのような情況になることはよくあります。
株式投資の取引ができるようになり、何となく投資のやり方だけは分かった状態でしょう。そして、利益を出す事ばかりに捕らわれて、取引をしてしまいます。そして、やっとの事で、ロスカットをしなくては行けないことに気が付きます。

ロスカットの大切さが、損失を最小限に押える方法を。

株式投資の基本がわかる事になるのです。

しかし、ロスカットのやり方も、難しいのです。設定によっては、株価の反発を前にロスカットしてしまう事もあります。株式投資は確実ではなく、確率なので何ともいえませんが、大体の意識するラインはあるものです。このことが分かってくればしめたものです。

勝てる株式投資とは、その時にだけではなく、長期に渡り利益を出す事ができることです。トータルで儲けがあることです。少しの損失はあるのです。大きな儲けもあるのです。少しの利益の積み重ねもあるのです。確率的に、高い投資方法が大切です。


売買ルールを研究して、そして、身に付けましょう。

posted by: 注意事項 | ロスカットに関して | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロスカットのライン設定はどこ
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
ロスカットは株式投資では自分の資金を守るために大切なことです。一番大切な行為かもしれません。でも、ロスカットしたら、株価は反発してそこから更に上昇してしまう事はよくあることです。どうしても株価の反発はあります。
しかし、株価の反発を待っていては最悪の事態になる場合が多いです。そして、投資家は塩漬け銘柄を抱えることになるのです。

ロスカットのライン設定は買値から何パーセント下落したら売りとか言われています。ほとんどの書物はこのように書かれています。しかし、パーセントとは意味があるのでしょうか。買値から5パーセントだとか3パーセントだとか、一割とか。

私はパーセントの設定はしません。よく分からないからです。方法がよく理解できないのです。パーセントでは意識するラインが分からないからです。

その代わり、株価の売りが出やすいラインを予想します。「ここまで株価が下落すれば、上昇の力は弱いだろうと」高確率で見事に当たります。株価の下落が見事に当たります。
投資家が意識するラインが分かります。
でも、時として株価は反発していく事もあります。丁度ロスカットラインが底値で上昇していくのです。
でも、確率的には株価の下落のほうが高いです。

ロスカットラインの設定方法は、1つではありません。短期トレード、中期トレード、長期トレードによって変わってくると思います。そして、売りが出やすいラインも存在する事は事実です。高確率で存在するはずです。
posted by: 注意事項 | ロスカットに関して | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
株価の下落原因を探しどうするのか
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式市場が大幅に下落してしまいました。最近の株価の下落では大きなものでしょう。
個人投資家はその時にどう行動するのでしょうか。株価の下落に対応するためにロスカットをした場合には問題ない気がします。
しかし、株価の下落の原因を探してばかりいる個人投資家の方もいるかもしれません。ロスカットしなくてはいけない時に、「今が株価の底なので、そのうち反発するはず、ロスカットはしないようにしておこう」個人投資家は株価下落の情報を求めます。
株式投資では、情報で利益を出す投資方法ならば、情報を求めればよいのです。
しかし、それは、株価の流れに乗る事ではない気がします。
私の投資方法とは違います。
株価の流れに乗るほうが、投資では利益を出す事ができると思います。
どこで、ロスカットするのか。なぜロスカットするのか。よく考えたほうが、その情報を集めたほうが、利益を出せる投資方法の情報を集めたほうが、投資では利益を出せるかもしれません。


posted by: 注意事項 | ロスカットに関して | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロスカットの重要性
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資では一番ロスカットが大切だと言われています。ロスカットが出来なければ、株式投資ばかりではなく、すべての投資で成功する事はできないとまで言われています。それだけ大切なことなのです。
しかし、多くの個人投資家がロスカットがルール通りにできないと聞きます。いざ株価が下落してきて、ロスカットラインまで近づくと、注文を出しなおすのです。
そして、そのうち損失は大きく膨らむのです。
ロスカットの重要性は、投資家ならだれでも分かっていることです。
株式市場では、ロスカットしたら、その後に株価は上昇してしまう事は時々あることです。どこのラインで売り注文をだすかが大きなポイントとなり、難しいかもしれません。
ロスカットラインの取り方で、投資成績は変わってきます。
なぜなら、株価は一直線には上昇しないからです。
いくら上昇トレンドでも、必ず株価は下落する場面があります。
ロスカットラインを狭くしすぎると、すぐに売りが約定してしまいます。
せっかく利益を出せる市場なのに、損失を出す場合も出てきます。
銘柄に対応した株価の変化に対応したロスカットラインを決める事が大切なのです。
posted by: 注意事項 | ロスカットに関して | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |