☆ NEW 今日の株式投資注目ランキング NEW ☆
スポンサーサイト
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
投資セミナーは効果があるのでしょうか
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資では、売買技術を習得するために、勉強することがあります。
中でも、投資セミナーという勉強会があります。

予算はけっこうかかります。

投資セミナーでは、講師が株を何時買い、いつ売るかを説明します。

また、売買タイミングだけでは、投資ではトータルで利益を出しつづけることは難しいようなことも説明するセミナーもあると思います。

そして、投資のやり方は、いろいろあります。

企業の財務を用いた、ファンタメンタルズ分析。

日々の投資のデーターから計算された、指標を用いた、テクニカル分析。

単純明快のチャート分析があります。

どの戦略が優れているのか、どれが、勝率が高いのか、それとも、株式投資を難しくしているのか。

ファンダメンタルズでは、いくら業績が良くても、株価は下落する場合もあります。
けれど、それを信じて、株を保有していると、気が付いたときには、大きな損失を抱える事になります。

どこかで、ロスカットをするのか、まだ、信じて持ちつづけるのか。

テクニカル分析も指標を組み合わせながら、売買します。
有効な場合と、難しい場合とあります。

チャート分析では、だましも多く存在します。

結局は、自分で、検証して方法を選択するしかありません。
もちろん、組み合わせが必用になる場合もあるでしょう。

そして、一番言える事は、個人投資家が企業の財務を分析できるだろうかです。
どれだけ性格に分析でき、予想できるだろうか。

ファンダメンタルズ分析で、個人投資家ができることは、知れていると言う事です。

株式投資のアナリストでさえ、予想ははるかに外れます。




JUGEMテーマ:株・投資


posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 15:03 | - | - |
下値支持線の考え方
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


このラインを割り込んだら、株価は下落するとされるラインがあります。
下値支持線と言われています。

下値支持線は、株価の安値を結んだラインで構成されています。

それぞれの投資スタイルによって、下値支持線の意味が違ってくるのではないでしょうか。
短期では、買いでも、
中期では少し待ちになることもあると思います。

長期投資では、更に変わってきます。


これらの下値支持線の基準は、チャートを確認することで、
チャートを読める投資家の方ならわかるでしょう。

チャートが読めない方には、いまいちピントこないかもしれません。

チャートは、市場を表すと言います。

株価チャートは、投資を行う上で、とても大切なものだと思います。




posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 22:23 | comments(0) | trackbacks(1) |
売られる銘柄の見破りかた
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、底値であろうが、高値であろうが、売られる状況は必ずあります。

日足チャートで確認して見ると、ある一定のラインや、株価になると売られる様子が分かる銘柄もあります。

逆に買が入るラインや株価もあります。

そのような銘柄の株価を、今後は上昇するのか、下落するのか予想してみると、見事に当たる時もあります。

そして、その株価の抵抗線を突破すると、そこから大きく株価は上昇するか、下落するかのような時もあります。

そのようなラインや抵抗線も頭に入れて、トレードすると、自分の投資の売買ルールの構築に役立つこともあるでしょう。

しかし、株価の予想は完全に当てる事はできません。そのため、出来るだけ確率の高い方法を探してみることでしょう。そして、逆に動いた時の対処方法も検討したほうがよいでしょう。

posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
負けが続く時には休むこと そして大切なことは
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


この所、負けが続いている投資家もたくさんいるのではないかと思います。

株式投資では、絶対はありませんが、出来るだけ確率の高い投資方法で勝負をしなくてはなりません。

最近の株価の推移は、だましが多くありました。

上昇してきたので、買って見たら、売りに押されて株価は下落することがおおい市場のような気がしました。

乗り遅れると、儲けそこなうような気がして、飛び乗ってしまうことはあります。
タイミングとしては、売買ルールがしっかりしていれば、もし仮に、
買っても、損失を少なくするための仕掛けは万全です。

もし、いつ買って、いつ売るのか、売買ルールが定まっていない人は、この先も感情的なトレードに振り回されることでしょう。

もちろん運用成績も悪くなるでしょう。完全に運次第になるでしょう。

このような時には、取引を休み、もう一度考えなおしたほうがよいのかもしれません。

posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
外国人投資家の売買動向
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式市場では、投資家が世界の株を購入しています。
日本の株式市場でも、外国人投資家が参戦しています。

しかし、現在では、売り傾向が強い様子です。
このところ、外国人投資家は、売り越しのようです。

外国人投資家の割合が多い、日本の株式市場では、影響が大きいでしょう。
しかし、このような状態のときでも、利益を出す方法はあります。

一時的な反発を利用して、わずかな利益を出す、逆張りの方法があります。
また、信用取引を利用して、売りから行うことです。

どちらにしても、仕掛ける前に、どこまでくれば、ロスカットするかを、
決めてから、購入することも必要ではないかと思います。

そうすることで、予想が反して、万が一の株価の下落でも、慌てることなく、手仕舞うことができるのではないかと思いますが、どうでしょうか。




posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
資金管理が出来ているのは一部の投資家
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
JUGEMテーマ:株・投資


株式投資では、資金管理が大切だと言われています。

資金管理ができない投資家は、長期にわたり利益をあげる事が難しいとさえ言われています。
資金管理とは何か。

投資資金の管理で、一回の取引での資金をいくらにするか。

一つの銘柄の投資資金をいくらにするか。

いくらまでなら、損失金額が耐えれるか。

投資資金の全体の何パーセントを取引するのか。

などがあると思います。

投資資金の管理とは、何を意味するのか。

それは、株式投資は絶対ではないと言うことです。

負ける取引が必ずあるということです。

その中で、いかに負けを少なくするかが大きなポイントだからです。


一回の取引で、今まで積み上げた利益も、一気に持っていかれるのです。


posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008年日本の株式市場の予想と今後
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式市場はどうなるのでしょうか。

2008年1月から波乱の日本の株式市場です。また、米国市場も波乱です。

そのために、今後の予想は、下落するのではないかと予想されています。

今の市場は下降トレンドでしょう。

短期は、下降トレンド。

中期も、下降トレンド。

長期も、どちらかと言うと下降トレンドかもしれません。


株式市場の予想を立てることも必用かもしれません。

しかし、ロスカットできない投資家が、予想を立てると、思わぬ落とし穴があることがあります。

「自分の予想は正しい。他のアナリストも自分と同じ市場の予想をしている。だから、もう少し待てば、予想通りになるだろう。」


そうしている間に、株価はどんどん下落していくのです。

2008年の株式市場の予想も良いでしょうが、

まずは、売買ルールを守れる精神を作ることも必用でしょう。

JUGEMテーマ:株・投資





posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
4689ヤフーの株価はどう判断するのか
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資ではニュースが出たら売りの場合もあります。銘柄の株価がストップ高まで上昇しない場合には注意が必要な場合もあります。地合が悪い時には売られる可能性もあります。

株式投資の銘柄選択では、何を信じて投資するのかが問題になってきます。チャートなのか、ファンダメンタルズなのか。そして、ニュースなのか。

今日は、4689ヤフーの株価は、寄付きから高値ではじまり、その後も株価は上昇しいきましたが、後は売りに押されてしまいました。提携の話がでており、それに反応はしたものの、今日の市場では売りに押されてしまいました。

だから、高値で買ってしまった投資家も多いのではないでしょうか。もちろん、明日以降の市場で、4689ヤフーの株価が上昇することができれば、問題はありません。

このような市場の時にこそ、自分の売買ルールがあることで、ニュースに惑わされることなく、投資ができると思います。買うタイミングと売るタイミング、そして、予想に反した時の、ロスカットのタイミングが、情報に惑わされる事なく実行できると思います。



JUGEMテーマ:株・投資


posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
売りの市場と買いの市場
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
株式投資の市場では、売りに押される時があります。あまりに高く寄り付きすぎた時には、売りに押される市場の時もあります。しかし、中には、ストップ高まで一直線の銘柄もあります。

スイングトレードで、すでに保有していれば、後は、それぞれの投資方法で、利益確定するのか、もっと大きな利益を狙っていくのかどうするのかというところでしょうか。

大きな利益を狙っていく場合には、反対に利益が少なくなる事もあります。それを判断しなくてはなりません。

それぞれの投資方法があるので、自分の売買ルールに乗っ取った投資をしていかないと、利益を出す事は難しいとされています。

実際にそうだと思います。

大きな利益を出せる時に出す、投資方法や、少ない利益を積み重ねる投資方法があります。なにをどう判断したのか、きちんとした理由が必要です。

何となくそのように感じたのでそうしたのでは、運任せになる可能性があるのではないでしょうか。
投資にはそれなりの理由がなくてはならないと思います。なぜ、その銘柄をそのタイミングで買ったのかと言う理由が必要だと思います。そして、なぜ、そこで売ったのかもそうです。
JUGEMテーマ:株・投資


posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
売買ルールとはいったい基準は
☆ ランキング参加中 クリックお願いします 
売買ルールは株式投資において絶対に必要な事です。ルールがないと行き当たりばったりになります。そうなると、運だけでの投資スタイルとなります。運では悲しい現実になることがあります。

売買ルールの基本は長期に渡り勝てる方法でないと意味がありません。過去においての市場で検証できたものが良いのではないかと思います。そうなると、多少のロスカットが続いても、売買ルールに基づき、実行できるでしょう。不安になり、突然ルールを変更することがなくなるでしょう。

なぜなら、このまま売買ルールを基本に取引を続けていけば、トータルでは利益が出ている状態になることを知っているからです。そんなると、パニックになることは少ないでしょう。

株価の下落時にはいつでも、冷静な判断ができるようになります。ロスカットの設定も余裕で仕掛けることができるでしょう。

そして、なにより、精神的に余裕が生まれます。おもしろいくらいに余裕ができるのです。今度はそれが逆につまらなくなる事もあるのです。

サインがでたら買い、予想に反したら売り。上昇したらうろたえることなく、売買ルール通りに売りを仕掛けることが、淡々とできるのです。そこには、パニックという感情は一切ありません。多少はあるかもしれませんが、以前ほどのショックはありません。

その後は落ち着いたトレードができるのです。例えショックでも、売買ルールは実行できる体になっているのです。
posted by: 注意事項 | 株式投資に関して | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |